ウィキペディアからのメモ

“マリー=ギレミーヌ-ブノワは、公務員の娘であるパリで生まれました。 1781年にエリザベート-ヴィジェ-ル-ブルンのもとで画家としての修行を始め、1786年には妹のマリー=エリザベート-ラヴィル=ルルーとともにジャック=ルイ-ダヴィッドのアトリエに入った。

“彼女の作品は、ジャック*ルイ*ダビデの影響を反映して、1795年までに歴史絵画に向かってますます傾向がありました。 1800年、彼女はサロンで肖像画d’une négresseを展示しました。 6年前、奴隷制度は廃止され、このイメージは女性の解放と黒人の権利の象徴となりました。 この写真は、1818年にフランスのためにルイXVIIIによって取得されました。ナポレオン皇帝の妹でルッカ公爵夫人であったエリサ-ボナパルトは、1805年頃にマリー-ギルヘルミーネ-ブノワによって描かれた。

“ナポレオン-ボナパルトの完全な長さの肖像画のための重要な委員会—この期間の首相領事フランセ—は1803年に彼女に授与されました。 この肖像画は、1801年のルネヴィル条約によって新たにフランスに割譲されたヘント市に送られることになっていました。 彼女は1804年のサロンで金メダルを授与され、政府の手当を受けた。 この間、彼女は女性の芸術的訓練のためのアトリエを開いた。”

“Illlustration left
黒人の肖像(detail,1800)
(Portrait d’une négresse)
マリー-ギレミーヌ-ブノイスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。